TOP ▲

RSS
 

スワロフスキー(SWAROVSKI) サンキャッチャー

スワロフスキー(SWAROVSKI) ちょっと歴史(箱バージョン)

今回は、スワロフスキーの箱の歴史を。    SWAROVSKI社の歴史 ≫

と言ってもそんなに大袈裟なものではないです(笑)

はじめの写真は、当店が始めた頃のビーズ系パーツの物となります。

この頃は、スワロフスキー(SWAROVSKI)がメインネームではなく

CRYSTALLIZED(クリスタライズ) WITH SWAROVSKI  となっていますね!!

with といえば with t.komuro が思い浮かぶ・・・(笑) そういうお年なので・・・orz

スワロフスキー脱線してすみません・・・

ロゴの下に、しっかりと製造国が記載されていますね。

誇らしく MADE IN AUSTRIA(オーストリア)!!

そして箱の色もシルバーで艶々した箱でした。

今ではあまり見かけることもない スワロフスキー(SWAROVSKI)の箱さんでした。

そして次の世代へ、

書体もオシャレにDesignされ 素敵♪

CRYSTALLIZED(クリスタライズ) の下に 小さく

SWAROVSKI ELEMENTSと(スワロフスキー エレメンツ)

この頃から、アイテムも多くなりカラーも追加が多くなりました。

仕入れる側は、苦労の連続です。。。

多くのアイテムから、クリスタルのカタチを選び、次に色を選ぶ!

実際手に取ると・・・

これじゃない。。。

なんてことも結構ありました。

しかし、これも勉強です!

世界ブランド・スワロフスキー(SWAROVSKI)は、試練が多いのです。

さて。

当店でも謎のスワロフスキーBOX

数年前からあるのですが、最近まで使っている模様。

新しい箱のデザインがあるのにもかかわらず使用中の模様。

もしかすると、単純に在庫が多くて昔のままかもしれません。

月のモチーフのクリスタルのときにだけ、当店では見かけます。

この頃の書体が、次の世代でも活躍しているみたいです。

さらにこの箱には、裏側の封印みたいにシルバーのステッカーが貼ってあるのです。

なんだか ちょっといい感じ♪

スワロフスキーの遊び心なのでしょうか?

ここでようやく、現在のものとなります。

スワロフスキー エレメンツ

書体もシンプルに読みやすく。

シンプルで素敵なのですが 個人的に もうちょっと

オシャレなひねりが 欲しいなって 思ったりもします!

次の世代のスワロフスキー箱が楽しみ♪

お店を始めた頃は、箱が変わって え!

なんて思ったものですが、

今となれば 恒例行事(笑)

飽きさせない 演出!?

さすがです!

ここで、おひとつ。

はじめに登場した スワロフスキーの箱の右隅にあるこのマーク。

そう!

皆様ご存知の スワンマーク ですね!!

これぞ! って感じですよね。

この当時までは、このように

大きな存在感を放ち、作り手の気分を上げてくれていました!

それも、いまでは思い出。

時がたつのは早いものです しみじみ。。。

現在は、このマークはないですが、製造してくださるのは変わらず

世界中のファンの心をつかむメーカー

スワロフスキー(SWAROVSKI)なのです。

最後の写真は、フラットバック形状のクリスタルによる、カラーサンプル&形状(ごく一部パーツ)見本ですね。

このカラーサンプル購入すると結構いいお値段がします。 さすがスワロフスキー(swarovski)

当店は、いただきました たしか 数枚

しかし 現存はこの一枚。。。

これだけ多くの色で 悩まされるのも事実

しかしこれは

お客様の 気持ちにこたえたいというメーカーの気持ちだとお思います。

その結果、いろいろな形状や色が現れ 切なく去っていくことを繰り返しております。

去年あったのに 今ない・・・

なんてことも、予告なく製造が中止になっていることもあるので

驚くこともありますが、ヨーロッパの文化として楽しんでいます。

(実際は結構 顔が引きつります(笑)

長くなりましたが、箱を通して スワロフスキー(SWAROVSKI)のご紹介をさせていただきました。

当サイトの、写真、名称などの一切の無断使用を禁じております。また作り方も独自のものです、お使いの場合別途弊社とご契約をしていただきます。

ページトップへ