TOP ▲

RSS
 

サンキャッチャー飾り方(吊るし方)

サンキャッチャー 飾り方(吊るし方)

サンキャッチャー飾り方(吊るし方) について

皆様が悩まれるポイントのようです。

飾りかた(吊るしかた)に明確な決まりはございません。

基本は、太陽の光が  当ってくれる場所のおいていただくこと。

虹色の光を楽しみたい場合、ちょっと注意が必要、それは

スリガラスやエンボス加工のように直接太陽光が当らない場合、この場合キレイな虹色の光は出ません。。。

透明なガラスがあるところがいいですね!

吊るす場合、極端にガラスに近づけないでください、日本は地震の多い国、大きく揺れた際に干渉を防ぐ目的としてです。

ですが、あまり神経質にはならないでいいかとも思います。

仮に、地震で揺れて当る場合、その他の家具家電も激しく依揺れている状況、サンキャッチャーだけが危険なものではないのです。

ただ、予防としてお考えいただければ幸いです。

さてここからが本題の 飾りかた(吊るしかた)

日本家屋は、南側は軒が長いお宅がございます。

この場合、あまり日が差し込まないので当店ではおすすめいたしません。

当店は、営業開始時よりお勧めしているのが 東側と西側。

朝晩ですね、この時間は 太陽が地平線に近い低い角度にあるため、太陽光の照らされたクリスタルが

お部屋の奥深くまで、虹色の光を運んでくれます。(最近他のショップでも当店のこの飾りかたを進めています。)


ご想像ください。

目覚めたとき、天井にレインボーが♪

また朝床の掃除をしているときに。

視線の先に 小さな 虹色の光が。

夕方、食事を作りながら 視線を上げると

お部屋の壁に、虹色シャワーが溢れてる。

飾りかた(吊るしかた)でいろいろ変化が起こり これも楽しいポイント。

飾り方(吊るし方) さらに楽しむ!?

写真2枚目のように、複数本吊るしてみると。

『おおおおおおおおお!!』 

虹色の光で 大変なことに!!(笑)

飾りかた(吊るしかた)で、本当に見せる表情が変わります。

季節・時間・場所 お部屋中で楽しめ、商品を移送する楽しみも♪

決して

たくさん買ってくださいねって 意味ではないです。

たぶん。。。

おそらく。。。

でも本当に楽しいです。

たまに 虹さん 多すぎですよって 言いたくなります(笑)

それでも 心は なんだか嬉しいのです。

また、Stand-Suncatcherもオススメです。

まさに、移動する前提で開発した商品。 飾りかた(つるしかたに自由を与えたモデル。

皆様の生活スタイルに合わせて楽しめますよ。

そして 意外なお話。

サンキャッチャーって 女性がメイン雑貨のように感じると思いますが。

お店に、旦那様と一緒にこられるかたがお店になるのですが、

かなり高い確立で

『俺も欲しいな』 っていわれます!!

この瞬間、とても嬉しいのです♪

この事から、スタンドタイプがお家にあると

知らないうちに 旦那さんがスタンドサンキャッチャーを持って

ウロウロ しているかもしれません(笑)

ちょっぴり かわいい姿を想像してみてはいかがでしょうか?

楽しい話題のきっかけになれればと思います。

今後も、皆様の生活に寄り添ったステキな商品を目指します。

飾りかた(つるしかた)まだ続きます ↓

そして最後は、飾りかた(吊るしかた)のタイトルから脱線?

いえいえ 違います。

吊るしてないのですが、

いいんです!

オブジェ です!

ねこちゃんが 突っついたりします だから ねこちゃんと生活しているかたは

高いところには置かないでくださいね。

実は、この置き方、私もしています。

窓辺のサンの部分に コロン と置いてます。

太陽の光が、反射して天井にレインボーが現れて楽しんでおります。

型にはまらない、考えを大切にする当店。 そんな飾りかた(つるしかた)を提案していきます。

世の中最近では、危ない 危険 と言う言葉があまりにも多い。

確かに大切ではありますが、必要以上はいかがなものかと。

自分で考えて行動してみるのも素敵かと思います。

また、普通ではない考えから アイデアは生まれます。 

皆様と一緒に成長させていただければと考えております。

悪いポイントは、改善

よいポイントは、ヨコテン

あっ どこかの会社の言葉みたいですが。

この気持ちで 商品開発頑張ります!

皆様の素敵な御意見お待ちいたしております。

あれ 飾り(吊るし)から脱線だ・・・

しょんぼり。

当サイトの、写真、名称などの一切の無断使用を禁じております。また作り方も独自のものです、お使いの場合別途弊社とご契約をしていただきます。

ページトップへ